会社案内 : 最高品質を支える職人技(技術力) / Technique

日本の歯科技工士は世界的に見ても
トップレベルの技術をもっています。
その「匠の技」をもった技工士がつくり出した
優れた歯科技工物を世界中にお届けして、世界の歯科技工所になること。
ヤノテクニカルラボはその大きな目標に向かって、
高品質な製品を作り続けています。

なぜ低コストをうたう歯科技工所の製品は品質力に疑問が残るのか。
その答えは工程に隠されています。
低コストをうたう歯科技工所では「模型取り」「型どり」「金属加工」「研磨・仕上げ」といった一連の工程を分業にして、流れ作業にすることで低コストを実現している場合がほとんどです。
しかしそれではそれぞれの工程を担当した技工士の腕によって品質が左右されてしまいますし、アフターケアも万全ではありません。
一方、ヤノテクニカルラボではそれらの全工程を『一人の技工士』が担当しています。担当の技工士が技工物に責任を持つことで緊張感が生まれ、高い技術を最大限に維持・発揮しているのです。そして分業とは違い担当の技工士がいるため、アフターケアも正確に行うことができます。

また、ヤノテクニカルラボでは金属アレルギーに悩んでいる方でも
安心・安全に使用できる新素材を使った製品の開発にも取り組んでいます。
セラミックやグラスファイバーなどのノンメンタル素材は、
軽い上に耐久性も高く、人体への影響も低いことで知られています。
そういった体に優しい素材を使用した製品を意欲的に開発するために、
素材メーカーの講習に積極的に参加するなどして専門性を高め、
最高品質のものづくりを行っています。

ヤノテクニカルラボが掲げる5の事実

  1. 患者中心設計で考えると、答えはある。

    当社は常に利用者の快適性を第一に考えています。
    新しい製品を開発するときも、デンチャーを修正するときも社内の規定よりも、利用者をもっとも重視しております。
    もっと噛みやすい入れ歯ならよかったのに、という思いを利用者に抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

  2. デンチャーに特化した歯科技工所

    クラウンやインプラントなどの製作も対応しておりますが、日本でもトップレベルのデンチャー製品のクオリティを保持するには、自分たちにできることが何か、それをもっとうまくやるにはどうすればいいかを理解しています。
    複雑なデザイン設計が必要な場合でも、絶え間ない改善を続け、日々の製作現場で培った技術は、新しい製品開発にも応用されています。

  3. 高いより安いほうがいい

    品質にも自信があり、ご提供価格も適正価格を維持できるよう努めています。
    当社は関西に位置する技工所であることから、特有の料金表があります。他の地域よりもコストカットを実感頂けるとかと思います。
    当社は大手特有の細かな追加費用を嫌い、ある程度のグロスお見積りによって、ご依頼頂ける歯科医院様や技工所様からの要望にも応えてきました。余計なコストを削ぎ落とし、製作環境の効率を向上させることで、今後も、さらなるコスト管理を目指して努力を続けていきます。

  4. 国境を超えるクオリティ

    当社は現在、国内外の利用者に提供しております。
    英語の情報コンテンツを用意することを目指し、できるだけ多くの利用者に提供することを目標としています。
    地球の反対側の人にも
    世界中のさまざまな国や地域に対し、日本のものづくりの素晴らしさ、美しさを伝えていけるラボを目指しています。

  5. 最新設備のテクノロジーと技術の融合

    当社は技術革新を繰り返し、様々な要望に対して、さらに期待を上回る改良を加えています。
    たとえ利用者が自身の歯の最高状態を把握していなくても、当社は利用シーンをイメージすることでニーズを予測し、また以前と変わらないライフスタイルをおくれるよう製品を作り出しています。

ご相談・お問い合せ

ヤノテクニカルラボ製品や料金について詳しくしりたい歯科医院さま・技工所さま用の資料をご用意しておりますので、お気軽にお問い合せください。

資料請求フォーム


上へ戻る