BLOG :  / Dental Laboratory Blog

BLOG一覧へ戻る≫

入れ歯のお手入れの必要性&3つのポイント

ヤノテクニカルラボは、精度が高く適合性の良い入れ歯づくりに励んでいます。

また、それと同時に心を込めてつくった入れ歯の正しい取り扱い方を患者さまにもっと知っていただけたらと、日々模索中です。

そこで今回の神戸・明石の歯科技工所コラムでは、入れ歯のお手入れの必要性や清掃のポイントについてまとめてみました。

歯科衛生士や歯科助手の方には、ぜひ入れ歯のお手入れをするメリットを患者さまに広める際の一助にしていただければ幸いです。

ThinkstockPhotos-917502308.jpg

入れ歯のお手入れが必要な理由
入れ歯のお手入れが必要な理由は、義歯を清潔にすれば以下のようなメリットを患者さまが得られるためです。

  • 口臭予防
  • 快適で爽快な使用感
  • 入れ歯の劣化を防ぐ
  • 誤嚥性肺炎や義歯性口内炎の予防
  • 天然歯の虫歯・歯周病の予防

清潔な入れ歯で生活をしていただければ、患者さまの健康寿命を延ばして、義歯も長く使っていただけるようになります。
人工歯のせいでお手入れをする必要性を感じていない患者さまがいらした際には、清掃することで得られる上記のメリットを伝えてみてくださいね。

入れ歯のお手入れの3つのポイント
入れ歯のお手入れでは、以下の3つのポイントを意識してもらえば衛生面が格段に改善されます。

①毎食後、入れ歯は清掃する
歯と同じように、入れ歯は毎食後ブラシで磨いてあげることが清潔さを維持するための鍵です。

部分入れ歯・総入れ歯を問わず、食後は磨く習慣を作ってもらえるように指導しておきましょう。

また、手が不自由な方や入れ歯の扱いに不慣れな介護者の方には、以前のコラムでご紹介した「デンチャーブラシ」を勧めてみてもいいかもしれません。

②義歯素材や洗浄目的に合った入れ歯洗浄剤を使ってもらう
入れ歯洗浄剤は、義歯専用ブラシでも取り切れない色素・細菌・カビなどの汚れを除去するのに役立ちます。

前回のコラム(入れ歯洗浄剤の選び方)でご紹介した内容を元に、患者さんに適した入れ歯洗浄剤をオススメしてあげましょう。

また、入れ歯洗浄剤に義歯を浸けている間に、口の中の粘膜や歯の清掃も同時に行っていただくと口腔内がより清潔になります。

③入れ歯洗浄剤を使った後もブラシをかけてもらう
入れ歯洗浄剤によって浮かび上がった汚れを、義歯ブラシで再度、徹底除去してもらうように指導するのも忘れないようにしましょう。

神戸・明石の歯科技工所コラムのまとめ
入れ歯は人工歯であるため、歯に比べると患者さまのお手入れの意識が低いことがあります。
そのため、高齢化社会で義歯の使用者数が増え続ける未来を考えても、入れ歯のお手入れの必要性を伝える活動は重要になってくるでしょう。
今後も神戸・明石の歯科技工所コラムでは、入れ歯をつけた後も快適な生活を送ってもらえる情報を発信していくので、ぜひチェックしてくださいね。


上へ戻る